5/14 Mother's Day

b0137183_09102154.jpg


訪問リハビリと訪問看護で父が落ち着き、通信講座でカウンセリング実技を身に付けようと資料を請求した矢先だった。母にろれつ困難と脱水症状が。ろれつ困難は2日続けて症状が出たため、救急で病院へ。MRI検査の結果、急性期(できたて)脳梗塞の診断で即、入院。


深夜、いったん自宅へ帰り入院の荷物をまとめて再び病院へ向かうとき「誰か母を助けて!」と、泣きそうだった。


b0137183_09103452.jpg


現在、個室で精密検査の空き待ち。検査の結果で治療方針が確定し、リハビリ施設に移るか自宅療養になるかが決まる。母が入院している病棟は、ほとんどが脳卒中の高齢者で、食堂では食事の介助を要する患者さんがちらほら。母がそうならないように期するのみ。


父を連れて見舞いに行き、病室を去るとき、一緒に帰ろうとする母が不憫でならない。


b0137183_09105075.jpg


母の日に、父はメロンを贈りたかったのだが、嚥下(えんげ)障害の危険性があるのでNG。以前、母のために買った都はるみのコンサートと、TSUTAYAで借りた佐田啓二・岸恵子『君の名は』三部作のDVDを持って行くことにした。


b0137183_09110416.jpg


はたして青春時代に観た懐かしの映画を母は喜んでくれるだろうか?





◎Mother's Day

[PR]

# by kzofigo | 2017-05-14 09:15 | 家族の友 | Comments(0)

5/2 サニー・デイサービス


昨日、母と一緒に、自宅のほど近くにある古民家デイサービスを見学しに行った。

古民家といっても築百何年とかじゃなく、昭和の民家を増改築したもの。


定員は10名、高齢者の地域包括的な支援を、ゆったりと目指している。

庭では作物を育て、バーベキューを楽しむことも。

引っ込み思案の母にはぴったりだと思った。


しかし、母は帰りの車中で、「あんなとこ行きたくない」。

ケアマネさんと2人で、母にデイサービスの利点を、あらためてじっくりと説明した。


「今日、小一時間見ただけじゃ、あそこの良さは分からんじゃろ?」の言葉に

やっと「そうじゃなあ」と納得してくれた様子。


お試しとして、連休明けから、とりあえず1か月、通うことになった。

休みたいときは休めばいいし、止めたければ止めればいいし。


母の古民家デイサービス通いが習慣になり、通っているうちに、

心と頭が活性化して、少しでもリカバリーできるといいのにな。



b0137183_21333407.jpg




◎サニー・デイサービス

[PR]

# by kzofigo | 2017-05-02 21:36 | 家族の友 | Comments(0)

5/1 メイ、あるいは、五月みどり

初夏をすっ飛ばして盛夏リレーで5月が始まっちまったんだってさ。

今日は2か所から介助サービスのヘルパーさん1人ずつ来て、父と母を風呂に入れてくださった。僕は入れてくれなかった。入院中に入浴サービスに浴しまくった父はさておき、初めて人に風呂へ入れてもらう母が嫌がらないか心配だったが、杞憂で取り越し苦労で不安視し過ぎだった。


b0137183_01542646.jpg


顔を上気させて出てきた母は風呂上がりの情事のようにご機嫌だった。ただし、衝撃的な事実が発覚した。母は足の爪を半年ほど切っていなかったのだ。フローレンス・ジョイナーほどではないにせよ、とても1回で切り終えられる状態ではなく、ヘルパーさんは2週に分けて切る決断を強いられた。


b0137183_01550088.jpg


そのあと、泌尿器科通い。よく38歳に間違われる若作りの僕も寄る年波には勝てない。前立腺炎になってしまったのだ。血流を良くする薬の1つがバイアグラの20分の1くらいの効き目があって、尿意と伴に20代の頃のようなFULLBOKKIが甦ったのは、予期せぬスピンオフだった。

朝立ちの日には、本当ならば今頃、僕のベッドには新川優愛にいてほしいと思ったほどだ。でも、持病の不整脈の症状も同時に起きてしまい、その薬を止める結果になり、さらば青春の光と影。


b0137183_01532418.jpg


泌尿器科が入ってるビルの1階にあるカフェでブレイク。ここは去年、ウエイターのバイトに応募して、面接で落ちたところ。ホールは若い女子じゃないと務まらんのだ。2杯分のサイフォンで淹れるブレンドが美味しいし、自分でお替りできるのも嬉しい。


b0137183_01535659.jpg


明日は、母と一緒に古民家デイサービスを見学しに行く。デイサービスに通い始めたら生活症状が劇的に改善されたって、それ、よく聞く話。母が古民家デイサービスを気に入ってくれて、通っているうちに、少しでもリカバーしますように。

そして!いろんな事が思い通りになったらいいのにな。





◎メイ、あるいは、五月みどり

[PR]

# by kzofigo | 2017-05-01 22:59 | マイ・ライフ | Comments(0)

4/16 豚肉汁つけ麺

毎月10日は、うどんの日。


今日はTシャツと短パンでOKなほど暑かったね。

うどんが大好きだった親友OT。2009年10月に急逝したOTの供養に、今月も同級生GCとN、僕が集まって、「うどん およべ 倉敷店」へ。「うどん およべ」は、店内にジャズが流れ、おしゃれな居酒屋といった雰囲気。基本は創作うどん。


b0137183_18505534.jpg


僕は豚肉汁つけ麺となすぎょうざ、GCは定番のいなかうどん、Nは鴨なんばをそれぞれ注文。太めで喉越しが良く、やや硬さのあるモチモチした麺を、香ばしい豚肉の旨みがしみ込んだつけ汁で食べる。美味い、美味いよ、OT。


b0137183_18521670.jpg


おいしくいただきました。ごちそうさまでした。


お  店/うどん およべ 倉敷店(倉敷市平田89-5)

メニュー/豚肉汁つけ麺(温・810円) なすぎょうざ(2個・226円)

会  計/1036円

電  話/086-486-3070

営  業/11:00~15:00  17:30~21:30

席  数/76席

駐車場/20台

定休日/年中無休





◎豚肉汁つけ麺

[PR]

# by kzofigo | 2017-04-16 22:02 | マン・イーターズ | Comments(0)

4/15 甘い病院 2017 春


悪玉コレステロール値ほか定期的な
採血検査のためスイートホスピタルへ。


b0137183_11591158.jpg


診察時、入口に表示されている担当女医さんの名字が変わっていることに気づく。開口一番、ストレートに訊いてみた。

◉わたくし「先生、名字が◯◯になってますね」
◎女医さん「はい」
◉「変わったんですか?戻ったんですか?」
◎「戻りました」
◉「僕と同じだ。バツイチなんです」
◎「そうなんですか」
◉「ええ。お子さんは?」
◎「います」
◉「どっちに?」
◎「私に」
◉「それはよかった」
◎「先生」
◉「はい?」
◎「先生のこと、勝手に好きになってもいいですか?」
◉「あら、うれしいわ」
◎「僕、お金ありませんけど」
◉「あなた一人ぐらい、私が養ってあげる」
◎「◯◯さん!」(⇐下の名前)

僕は無礼なんだろうか?図々しいのだろうか?※赤字は僕の妄想



検査の結果、肝機能・脂質・腎機能・すい臓機能のうち空腹時血糖値(124)とヘモグロビンA1c(6.4)が高止まりなのを除き、ほかは正常値。(悪玉コレステロールは薬を飲んでいるので)

先生から糖尿病の治療を勧められたけれど、「タンパク脂肪食とウォーキングを徹底してやりますから」ともう一度だけチャレンジさせてもらうことにした。


b0137183_11584080.jpg


診察のあと、病院建物の北西角にあるカフェへ。両親の通院の付き添い以外に、今月は歯科・泌尿器科・心療内科に今日を合わせて自分の通院が5回ある。病院に住んだほうが早いんじゃないだろうか。280円のブレンドコーヒーをかわいいカップとソーサーで飲みながら、ふとそう思った。


b0137183_11585264.jpg






                  ▼久々、京野井手達
b0137183_13224815.jpg




◎甘い病院 2017 春

[PR]

# by kzofigo | 2017-04-15 22:53 | ヘルス・エンジェルス | Comments(0)